古民家民泊 おさかのおうち

天保十年・築百八十年の古民家
旧清原邸が宿泊施設として今、甦る。

フォトギャラリー②

Photo Gallery
夕陽のシャワーin おさかのおうち
2020年4月19日夕刻、それは始まった。
それはいつものように庭で干した洗濯物を取り込み中の事。
川向こうの山からなんとなく気配を感じた。
今から何かが起こるような・・・。
何が起こる?身体はフリーズ、目はくぎ付け。
一筋の光の束が川面に降り注ぐ。
肉眼でもしっかりと見えた
空から川に向かって降り注ぐ光のシャワー。
夕陽はキラキラと輝きだして
あの山を越えて、こちらに向かってくるかのよう。
そして…
天から光のシャワーが注がれ続ける様だった。永遠に。

どれくらいの時が流れたのか。
川面に落とした光の束はいつしか左右に分散し夕陽は山の向こうに去っていく。
夕陽が去った喪失感と興奮冷めやらぬ気持ちのはざまで
洗濯物を抱えながら暫く呆然としていた。

移住して以来、
四季折々移り変わる素晴らしい自然に感動&感謝して、
この地を守って下さった清原家のご先祖様に感謝して
その想いが伝わってメッセージが来たのだとしたら嬉しいな。
古民家民泊 おさかのおうち
岐阜県下呂市小坂町湯屋64
0576668012